1. Top » 
  2. ナースプラクティショナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

  • Genre:

「わが国の医療政策の方向」 (厚生労働事務次官・講演)

 Japan Medicine (2009/5/27) に、日本病院会総会において江利川厚生労働事務次官が行った講演 「わが国の医療政策の方向」 に関する記事が掲載されていますので、下記に示します。

【わが国の医療政策の方向】

●少子化問題克服が安定的制度設計につながる

 厚生労働省の江利川毅事務次官は、「わが国の医療政策の方向」 をテーマに、最近の医療施策の動向について言及し、少子化問題が克服できないと安定的な制度設計ができないと指摘した。
 特に、医療費の現状は、高齢者の医療費が若人の約5倍だが、諸外国では同じ数値が約3倍にとどまるとし、高齢者の医療費の削減は避けられない施策であることを示唆した。

 講演後の質疑応答では、フロアから医師の負担軽減策として入院時医学管理加算や、入院基本料7対1など、打たれる施策がちぐはぐとの意見が出された。
 これに対して、江利川事務次官は、「政策の連携が重要」 とし、それを意識した人事異動を夏に行いたいとの考えを示した。

 さらに、医師不足等や医療技術の高度化に伴い、医師、看護師等の役割分担の見直しが求められる中で、NP (ナースプラクティショナー) などの医療職の検討に関する質問が出された。
 同事務次官は、歩みは遅いが検討を進めている状況ではないかと回答した。

(1)相も変わらず、「高齢者の医療費の削減は避けられない」 との御託宣です。
 事ここに至っては、発想の大転換をして頂き、「必要な高齢者の医療費は確保する」 という大前提で、他の分野の 「税金の無駄使い」 を大胆にカットして頂き、その結果、「削減するものが最早ない」 ということを一般国民が充分納得した上で、最後の最後で消費税増税論議に入って頂きたいと思います。

(2)フロアからの質疑応答時の 「打たれる施策がちぐはぐ」 との意見に関しては、2年ごとの診療報酬改定の総責任者である厚生労働省保険局医療課長が変わるたびに、診療報酬体系の精神・思想および方向性が相当変わる、あるいはブレる印象があります。
 政府が最終決定する診療報酬改定率に翻弄されるからかも知れませんが・・・。

(3)上記のNPをはじめとした 「医師から看護師等のコメディカルへのエンパワーメント (権限と責任の委譲)」・「スキルミクス (真の多専門職種協働)」 については、「医師 (特に勤務医) の負担軽減」・「チーム医療」 において大変重要な課題です。

 法律上の諸問題ならびに各専門職種における様々な利害関係等がネックとなり、遅々として進展しない印象を受けますが、「医療崩壊・医療破壊」 のこれ以上の増悪を防ぐためにも、拙速は避けつつ、一歩一歩前進して頂きたいと思います。

【関連記事】
 ◎ 「医師不足対策の誤りを指摘」 (日野原重明・聖路加国際病院理事長)
 ◎PA (非医師高度臨床師) ・NP (ナース・プラクティショナー)
 ◎医療職種の役割分担 「検討の場、設置を」 (医道審議会)
 ◎ 「医行為のコメディカルへの権限委譲」 厚労省見解




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

スポンサーサイト

「医行為のコメディカルへの権限委譲」 厚労省見解

 「医行為」 は、「医師の医学的判断および技術をもってするのでなければ人体に危害を及ぼし、または危害を及ぼすおそれのある行為」 あるいは 「医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生じるおそれのある行為」 と定義されています。
 ちなみに、医行為のうち、診療の補助業務として看護師が補助できるものは 「相対的医行為」 と呼び、医師でなければ行うことのできない 「絶対的医行為」 と区別することもあります。また、医療行為という言葉も使われていますが、診療の補助業務等を医療行為と呼んで医行為と区別していることもあります。実際には医行為と医療行為とが混同して使用されていることも多いようです。

 最近、医師不足 (特に勤務医不足) に伴う勤務医の過重労働・疲弊・立ち去り型サボタージュ等の対策として、勤務医の負担軽減を目的とした事務職員による業務代行、コメディカルへのエンパワーメント(権限委譲:当然、責任も重くなりますが・・・)、およびスキルミクス (多職種協働) が 話題となっています。特に、コメディカル的には 「医行為のエンパワーメント」 の関心が高いようです。

 Japan Medicine (2009/1/5) によると、大分県立看護科学大学大学院修士課程で養成している高度実践看護師 (NP: ナースプラクティショナー) が一定範囲の医行為が行える構造改革特区の申請 (2008/11) に対して、下記のような厚生労働省の医行為等に関する見解が同年12月に出されました。

 1.「患者を診察し、必要な検査を自ら実施あるいは指示するとともに、その結果を判断すること」 は、医師の医学的判断および技術をもってするのでなければ人体に危害を及ぼす行為であり、「看護師のみで当該行為を実施することは認められない」。

 2.「医師が予め指示した薬剤の範囲内」 で 「薬剤を用いて治療、処方」 を行うことや、「医師が予め指示した範囲内」 で 「診療録、診断書、処方箋などの代筆」 を行うことは、医師の医学的判断及び技術をもってするのでなければ人体に危害を及ぼす行為であり、看護師のみで当該行為を実施することは認められない。

 3.「診断書、診療録及び処方箋を医師が最終的に確認し署名することを条件に、看護師等が医師の補助者として記載を代行することは、可能である」。

 従って、現時点では、医師の補助業務にとどまることになるとのことです。

 医行為の責任の重大性を鑑みると、上記の厚生労働省の見解は妥当と思われます。しかしながら、医行為にも難易度等には軽重があり、現在の勤務医の過重労働と疲弊等を考えると、コメディカルへの医行為のエンパワーメントをもう少し推進する必要があると思われます。(ただし、コメディカルへの充分な教育・研修および様々な環境調整等、慎重なアプローチが必要ですが・・・)。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

Page Top

時計
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

カズ食堂

Author:カズ食堂

カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
訪問者数

   (Since 2009/01/11)

現在の閲覧者数
:
リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ランキング
宮崎県 「てげうめ」 グルメ
Amazon アソシエイト







人気ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

banner2.gif
FC2ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

スポンサー・リンク
FC2アフィリエイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。