1. Top » 
  2. 技術料

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

  • Genre:

リハビリテーション診療報酬における 「医師の技術料」 (政府見解)

 診療報酬上のリハビリテーション料における 「医師の技術料」 については、「リハビリテーション料改定等に関する質問主意書」 (平成19年11月15日提出 質問第223号 提出者:山井和則) に対する答弁書 (内閣衆質168第223号 平成19年11月22日 内閣総理大臣 福田康夫) において、政府・厚生労働省の見解が下記のように示されています。

(質問9) リハビリテーションの点数の評価中、医師の技術料はどこに含まれて
   いるのか。

(回答) リハビリテーションに係る診療報酬については、リハビリテーションの
  実施に当たって、患者に対するリハビリテーション実施計画の作成や直接
  訓練、理学療法士、作業療法士等に対する指導監督等を医師が行っている
  ことを評価しているものである。


 診療報酬上のリハビリテーションの点数における 「ドクターフィー (医師の技術料)」 に関しては、これまで割と曖昧で、明確な定義等は (ブログ管理人の知る限り) なかったと思われます。

 今回、民主党の山井衆院議員の質問主意書に対する政府答弁書の中で、上記の通り、リハビリテーション・ドクターフィーの定義が明らかになりました。但し、リハビリテーション料の中のセラピストの人件費・技術料、設備投資費、水道光熱費等の内訳は、上記の定義では不明確です。(技術料・人件費は、基本的には、医師・セラピストの基準人件費と時間等で積算していると思われます)。

 医療機関の管理者・医師・セラピストの中には、「リハビリテーション料はセラピストの技術料・人件費」 と勘違いしている方も少なくなく、下記のような問題が生じています。
  ①「おまかせリハビリテーション」 が蔓延する。
  ②リハビリテーション料の収入を、(疾患別リハビリテーション専任医師
   を除く) セラピストの人件費とみなし、セラピストのみの人員配置予算
   計画を立てるため、施設基準に比して専任医師が不足状況もしくは不充
   分な勤務状況 (専任=リハビリテーション業務に50%以上の関わりが必
   要) となる。
  ③セラピストによっては、「自らの月間売上げ」 と 「自分の月給」 との間の
   乖離に疑問を持ち、モチベーションが下がる。

 実際に、上記①&②が常態化し、リハビリテーション料への医師の関与が少ない医療機関も少なくなく、それが、下記の事項に繋がっているとされています。
  (1) リハビリテーション・レセプトの返戻および減額査定の増加。
  (2) 疾患別リハビリテーション料の1単位当たりの点数の減額。
  (3) 個別指導における医師および疾患別リハビリテーション専任医師に対す
   る厳しい指摘・指導
    (a) 無診察リハビリテーション
    (b) 専任医師のリハビリテーション業務への実際の関わり状況 (50%以
     上の関わりが必要)
    (c) リハビリテーション・カンファレンスへの医師の参加状況
    (d) 医師による開始時及び3ヶ月ごとのリハビリテーション実施計画の
     患者への説明とその要点の診療録 (Drカルテの2号用紙) への記載

(参考) リハビリテーション専任医師とは、主にリハビリテーション指示、リハビリテーション方針・リハビリテーション実施計画の策定に従事する医師であり、リハビリテーションを実施していない患者への診察業務と兼務も可能であるが、割合としてリハビリテーションへの関わりが多くなくてはいけない (リハビリテーション科へ配置されている医師が必要)。通常では、主治医からの依頼についてリハビリテーション専任医師が確認後に指示を出し、セラピストと共に方針や実施計画等を決定していく形が望ましい。

 さらに、リハビリテーション料への医師の関与の低下傾向が強まると、上記 (1)~(3) の悪化だけでなく、最悪の場合、現在DPCで出来高部分であるリハビリテーション料が包括部分に含まれる (即ち、リハビリテーションが、ドクターフィーから、薬・検査・放射線等と同様のホスピタルフィーとなる) など、急性期・回復期・維持期のリハビリテーションの包括化へと進展する可能性も完全には否定できません。

 したがって、リハビリテーション医療に携わる医師とセラピストがスクラムを組んで、リハビリテーション医療の出来高制度・ドクターフィー制度の維持ならびに質の向上のために努力・邁進することが肝要であり、それが、障害のある方とその家族の幸福ならびにリハビリ難民解消にも繋がると思われます。
 そのためには、リハビリテーションを施行している医療機関の管理者・他科医・リハビリテーション医学が専門でないリハビリテーション専任医師等の理解と協力が必要であると考えられます。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

スポンサーサイト

Page Top

時計
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

カズ食堂

Author:カズ食堂

カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
訪問者数

   (Since 2009/01/11)

現在の閲覧者数
:
リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ランキング
宮崎県 「てげうめ」 グルメ
Amazon アソシエイト







人気ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

banner2.gif
FC2ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

スポンサー・リンク
FC2アフィリエイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。