1. Top » 
  2. 民主党

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

  • Genre:

謹んで民主党に与ふ 「政権交代心得の条」

 週刊東洋経済 (2009/7/18) のコラム 「ミスターWHOの少数異見」 に、「政権交代心得の条」 (7か条) が掲載されていますので、下記に示します。

●謹んで民主党に与ふ 「政権交代心得の条」

 東京都議会選挙が終われば、後はもう解散・総選挙までは一直線である。
 泣いても笑っても国民の審判の時が来る。(当ブログ管理人・註:総選挙の投開票日が8月30日に決定!)。
 どうも政権交代の可能性が高そうだ。

 ここは一つ、次期内閣を担うとおぼしき民主党首脳部に、心ばかりのアドバイスを送りたいと思う。
 題して 「政権交代心得の条」。

① 一つ。政権交代というスローガンは、取った瞬間に達成されてしまう。
 その後の求心力を維持するには、粛々と実務をこなして国民の期待に応えるほかはない。
 幸いなことに、新政権への期待値は低く、支持率は高そうだ。
 大言壮語は控え、低姿勢で荒波に乗り出すべし。

② 一つ。政治の要諦は予算編成にあり。
 とはいえ、次年度の概算要求を全部やり直しというのも現実的ではない。
 公約したからといって、約5兆円の子供手当を来年から導入するのも強引すぎよう。
 せいぜい補正予算のうち、「アニメの殿堂」 の執行を止め、母子加算手当を復活させるくらいで上出来とすべし。
 始まったばかりの公共工事を全部止めて、地方経済が失速したりしたら 「政権交代で景気後退」 になってしまう。

③ 一つ。官僚相手にけんかを売れば、「消えた年金番号」 などの監督不行き届きを許してもらえると考えたのは、自民党政権の浅はかさであった。
 官僚の失態は政治家の責任である。
 霞が関バッシングで人気が取れるのは、野党のうちだけと心得よ。

④ 一つ。外交の路線転換は急ぐべからず。
 「日米間の核持ち込み密約を暴露する」 などと意気込む向きもあるけれども、同盟関係は相手のあることだけに慎重に扱うべし。
 せめて各国首脳への 「顔見世」 が済むまでは、思い切ったことを言わぬように。
 サプライズは外交には禁物と心得よ。

⑤ 一つ。政権交代は、「やめたいのにやめられない」 習慣をなくすいい機会である。
 首相が就任時に 「前内閣の方針には拘束されない」 と言った瞬間に、過去のしがらみの大半は消えてなくなる。
 「内閣法制局の呪縛」 から、「官邸記者クラブとの決まりごと」 に至るまで、何を変えて何を残すか。今のうちに熟慮されたい。

⑥ 一つ。細川政権が誕生したとき、当時の経済4団体が支持したことが、一時的とはいえ、政権基盤の安定につながった。
 労働組合を大切にするあまり、経済界を敵に回すのは愚の骨頂である。
 特に経済財政諮問会議のメンバー選びには知恵が必要だ。

⑦ 一つ。次の民主党政権が細川内閣と同様の短命政権で終わった場合、「日本ではやはり2大政党制は成立しない」 と有権者は結論するだろう。
 そうなった場合、再登場する自民党政権は、まさに好き放題をやるだろう。
 すなわち、ここでしくじったら次はない。
 「死して屍拾うものなし」 と心得るべし。

(1)高度成長時代の 「富の分配」 の時代から、低成長時代の 「負担の分配」 の時代に変わり、賞味期限が切れ、政権担当能力にも大きな疑問が持たれている自民党。

 戦後、一貫して、「財界・大企業・金融機関、官僚、お金持ち、アメリカ、外国資本 (外資)」 等の既得権益グループの言うがままに政策を行ってきた自民党にとって、高度成長時代の 「富の分配」 の時代には、既得権益グループ以外の一般国民にも富が分配され、1億総中流階級社会が維持され、自民党も栄華を極めてきました。

 しかしながら、低成長時代の 「負担の分配」 の時代に変わり、既得権益グループだけが 「負担を免れ、且つ富が益々流れ」それ以外の一般国民には 「負担だけが押しつけられる」 ようになると、自民党の没落が始まり、今や末期症状を呈しています。

 そして、それが、名古屋市長・さいたま市長・千葉市長・静岡県知事選挙の首長選挙における自民・公明の推薦・支持候補の4連敗ならびに東京都議会選挙の自民党の大敗に繋がりました。

 したがって、現時点では、上記コラムの通り、民主党への政権交代の可能性が高そうです。
 ただし、自民党が、鳩山民主党代表の偽装献金 (故人献金) 事件に対する鋭い追求による反転攻勢あるいは一発逆転の窮余の大奇策 (西松献金事件を凌ぐ民主党の大スキャンダル事件?) を打ってくるかもしれませんが・・・。

(2)一方、政権交代をほぼ手中にした民主党はどうかといえば、多くの国民が、その寄り合い所帯の実態を鑑みるに、民主党の政権担当能力に少なからぬ不安を抱いていると思われます。

 その不安が、各マスメディアの世論調査において、次期政権として自民党・民主党の大連立を願う国民が少なくないという結果に表れていると思われます。

 上記コラムは、「政権交代心得の条」 にて、民主党に活を入れており、政権交代後の円滑な政権運営を指南しています。

(3)ちなみに、当ブログ管理人は、以前は自民党支持者でしたが、現在は、自民党支持者でもなく、民主党支持者でもなく、「政権交代論者」 です。
 どの党であれ、長期政権は、様々な 「しがらみ」 のため、結局は腐敗します。

 したがって、日本の場合、自民党と民主党とで政権交代を繰り返すことにより、健全な議会制民主主義を我が国に定着させて頂きたいと思っています。
 そして、国民が選んだ政治家が、国民が選ぶことが出来ない官僚・公務員を、うまくコントロールして、より良い政治・行政を遂行して頂きたいと思います。

 また、医療人の立場からは、少子超高齢時代を迎え、来る新政権には、崩壊した (破壊された) 「医療・介護・福祉・年金・雇用」 の 「社会保障・セーフティネット」 の再建・再生だけは成就して頂きたいと切に願っております。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

スポンサーサイト

おちょくり? 本気 (マジ)? 東国原・宮崎県知事

 宮崎日日新聞ホームページ (2009/6/23) に、東国原・宮崎県知事のトンデモ発言の記事が掲載されていますので、下記に示します。

「自身を総裁候補に」 古賀氏出馬要請で知事

 自民党の古賀誠選対委員長は23日、県庁に東国原知事を訪ね、次期衆院選で自民党からの出馬を要請した。
 知事は自身を次期総裁候補にすることなどを立候補の条件に挙げたため、結論は出なかった。
 知事は自民党側の対応を受けて、出馬するかどうかを決断する方針。

 会見は知事室で約20分にわたり行われた。
 古賀氏は知事に 「知事の誠実な情熱と、今の自民党にない新しいエネルギーが率直に言ってほしい」 と述べ、出馬を要請した。
 選挙区に関しては具体的に示さなかった。

 出馬要請に対し、知事は、
  ①全国知事会がまとめた地方分権の提言を自民党のマニフェスト (政権公
   約) にすべて盛り込む。
  ②本県が提案している国の来年度予算の編成方針も実現する。
  ③自身を次期総裁候補とする。
ことなどを条件をとして提示。

 古賀氏は 「一応お聞きしました」 と答えるにとどめた。

 上記の知事のトンデモ発言は、「おちょくり?」 なのか 「本気 (マジ)?」 なのか定かではありませんが、自民党・政局・次期総選挙に強力なインパクトを与えたことは否めません。

 上記の東国原知事お得意のパフォーマンス!?により、自民党に 「活が入ったか?」 あるいは 「トドメをさされたか?」。

 日本の将来を大きく大きく左右する解散総選挙は、もう目前です。

 総選挙の結果、現在の 「自公政権」 が維持されるのか、政権交代後の 「民主党を中心とした連立政権」 なのか、はたまた、「大連立政権」 (あるいは 「中連立政権」) なのか・・・。

 少子超高齢時代を迎え、崩壊した (破壊された) 「医療・介護・福祉・年金・雇用」 の 「社会保障・セーフティネット」 の再建・再生を、明確にマニフェストに掲げ、且つ、実際に実現してくれる政権の誕生を、ひたすら待ち焦がれております (やっぱり無理かな・・・。でも、どげんかせんといかん・・・)。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

公共事業受注企業からの政治献金の全面禁止 (民主党マニフェスト)

 西松建設による 「違法」 献金事件で窮地に追い込まれている民主党の小沢一郎代表は、現在、その違法性を強く否定しています。

 また、小沢代表は、3月4日の記者会見で、「もし、これが西松建設そのものからの企業献金だという認識に立っているとすれば、政党支部は企業献金を受けることが許されておりますので、政党支部でそれを受領すれば何の問題も起きなかったわけで、私どもの資金管理団体の担当者は、それは政治団体からの寄付という認識のもとであったから、政治資金管理団体として受領したということであったと報告を受けておりますし、また、私はそれはしごく当たり前のことだろうと思っています」 と述べています。

 事件の事実関係は、新聞報道による情報 (新聞社独自の取材の他、検察からのリーク情報も有り?) だけであり、検察 (東京地検特捜部) の公式会見がないため、未だ不透明・不確実な点が多いと思われます。


 2003年の自由党と民主党との正式合併により、民主党の代表代行 (当時) に就任して以来、小沢代表は、民主党所属議員として今日まで至っています。
 したがって、小沢代表は、民主党の方針やマニフェストを遵守する義務があると考えられます。

 以前の民主党マニフェスト (下記参照) には、「公共事業受注企業からの政治献金の全面禁止」 が謳われています。

●公共事業受注企業からの政治献金を全面禁止します。

 ◎民主党マニフェスト2003 (管直人代表) (33ページ)
 ◎民主党マニフェスト2004 (岡田克也代表) (25ページ)
 ◎民主党マニフェスト2005 (岡田克也代表) (33ページ)

 一方、小沢代表の民主党マニフェスト2007 (下記参照) には、上記の文言がありません。

●民主党マニフェスト2007 (小沢一郎代表) (29ページ)

8.事務所費の透明化をはじめ政治改革を推進

 資金管理団体のみならず、すべての政治団体の支出のうち1万円を超える事務所費・政治活動費等の支出について、 ①領収書の徴収・保存、政治資金収支報告書への領収書の添付と支出明細の記載などを義務付けるとともに、②政治団体が領収書等を保存する期間を現行の3年から5年に拡大します。民主党は、迂回献金の禁止、政治家によるあっせん・口利きといった不正の根絶など政治腐敗を一掃するための法案も提出しています。

 上記のマニフェストの差異が何を意味しているのかは定かではないですが、今回の献金事件が2003~2006年の献金に対する立件であるため、小沢代表は、民主党マニフェスト2003~2005を遵守すべきであったと思われます。


 当ブログでも何回か下記のように述べてきました。

 当ブログ管理人は、以前は自民党支持者でしたが、現在は、自民党支持者でもなく、民主党支持者でもなく、「政権交代論者」 です。どの党であれ、長期政権は、様々な 「しがらみ」 のため、結局は、腐敗します。

 したがって、日本の場合、自民党と民主党とで政権交代を繰り返すことにより、健全な議会制民主主義を我が国に定着させて頂きたいと思っています。

 そして、「国民が選んだ政治家」 が、「国民が選ぶことが出来ない官僚・公務員」 を、うまくコントロールして、より良い政治・行政を遂行して頂きたいと思います。

 今回の西松建設の 「違法」 献金事件は、小沢代表のみならず複数の自民党議員 (特に二階経済産業大臣) も絡んでいるため、国民の政治に対する不信感は益々高まっています。

 当ブログ管理人は、小沢代表が今後どういう風に身を処すのかを注目しています。民主党代表を 「辞任する・しない」 に係わらず、国民に対して、充分、説明責任・結果責任を果たして頂きたいと思います。
 そして、上記の当ブログ管理人の 「儚い?願望」 が叶うように、これからも尽力して頂きたいと思います。

 また、東京地検特捜部には、捜査対象が与野党議員に係わらず、法と証拠に基づき、政治的独立性・中立性のもと、厳正中立・公明正大な捜査を期待しています。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

リハビリテーション診療報酬の 「包括化」 導入の可能性

 以前、当ブログに掲載した記事
  ◎リハビリテーション診療報酬における 「医師の技術料」 (政府見解)
  ◎疾患別リハビリテーションにおける専任医師の人員基準
  ◎リハビリ医療における 「医師および疾患別リハビリ専任医師」 の責務
において言及したリハビリテーション診療報酬の 「包括化」 導入の可能性について考察したいと思います。

(資料1) 超急性期リハビリテーションで急性期加算の設定を要望
 全国医学部長病院長会議 (平成19年5月18日) において、平成20年度診療報酬改定に対する要望について討議が行われた。
 大学病院における超急性期リハビリテーションは、ベッドサイドでの訓練の必要性や、患者にとっては突然の機能喪失に対するモチベーションの低下など多くの困難を伴うが、発病後2週間で主病名の治療以外に適切なリハビリテーションを行うことが重要であるということで、同会議・DPC検討委員会では、大学病院の超急性期リハビリテーションの提供を促進するため、個別のリハビリテーション点数だけでなく発病後2週間以内のリハビリテーションに急性期加算を設定すべきという要望を出すことになった。

(資料2) 「医療経営Phase3 (フェイズ・スリー)」 (平成19年12月号) の中の記事 (霞が関ズームアップ「平成20年度診療報酬改定の評価項目が浮上」) において、下記の 「急性期リハビリテーション料の新設」 に関する予測記事が掲載されたが、結局、平成20年度診療報酬改定での導入は見送られた。
【急性期リハビリテーション料の新設】
 リハビリテーションは発症初期から開始することが重要であり、平成18年度診療報酬改定でも急性期・回復期のリハビリを評価している。
 急性期・回復期のリハビリは、発症直後から関節可動域訓練などを開始することが重要視されているが、急性期は臥床したままで、リハビリの専門病院に転院した後、または回復期リハビリ病棟に転棟した後に、リハビリを開始する事例も多い。
 この場合、リハビリを開始する時点で既に回復が困難なレベルにまで拘縮が進んでいるため、回復期リハビリが充分な効果を発揮できない事例があることも、厚労省は把握している。
 これらをもとに同省では、発症直後から何らかのリハビリを開始することを評価した点数を設定することを検討している。
 具体的には、「1日につき150点の急性期リハビリテーション加算を新設する」 意向だ。
 算定条件としては、
  ①リハビリを必要と認める患者に対して発症直後から2週間までの間に、
   医師の指示の下、看護師 (准看護師を含む)、または理学療法士が関節
   可動域訓練などを実施した場合に、入院基本料に加算できる。
  ②対象者を疾患別リハビリの対象患者に限定する。
  ③疾患別リハビリ料とは併算不可とする。
などが考えられている。
 財政負担は、年間16億円程度と試算されている。

(資料3) 次期衆議院総選挙のマニフェストの基になる 「民主党 INDEX 2008」 の 「厚生」 の章26ページに下記の記載がある。
【包括払い制度の推進】
 超急性期・回復期・維持期リハビリテーションについては、その重要性を考慮し、当面は出来高払い制度としますが、スタッフの充実度および成果を検証し、将来的には包括払い制度に組込みます。

(資料4) 疾病横断的なリハの包括化は難しい
     [厚生労働省DPC研究班・主任研究者 松田教授 (産業医科大学)]
 Japan Medicine (2007/6/11) によると、第44回日本リハビリテーション医学会学術集会 (平成19年6月6~8日) において 「DPC導入とリハビリテーション医療」 に関するシンポジウムが開催された。
 同シンポでは、厚労省がDPC参加への拡大方針を示すとともに、2010年度診療報酬改定での調整係数の廃止の動きから、現行体系で出来高払いのリハビリテーションが、今後、包括範囲に組み込まれる可能性を危ぐする意見もだされた。
 これに対して松田教授は、「制度設計は厚労省、中医協が行うことだ」 と前置きした上で、DPCについては、傷病名が優先される分類であるため、疾病横断的なリハビリテーションを包括化していくことは難しく、出来高範囲に置く方が妥当との見方を示した。
 また、聖隷浜松病院の高橋博達氏は、「同院のDPC適用患者の85%がリハビリ非提供だったことを考慮すると、リハビリを包括範囲に組み込む必要性がない」 との見方を示した。

(資料5) リハビリテーション医療のあり方 (日病協)
 日本病院会 (日病) など11の団体で構成する日本病院団体協議会 (日病協、議長:山本修三・日病会長)は、2008年12月25日、「医療・介護提供体制および診療報酬体系のあり方について」 (2008/12/19) という提言書を公表した。
 提言書は、入院医療、精神科医療、介護入所施設、外来診療、入院基本料、医療専門職の職掌、リハビリテーション、DPC、の8章より構成されている。その中で、リハビリテーション医療の部分を下記の通り。
(1) 急性期リハビリテーションについて
 リハビリテーションは発症後や手術後、提供が早期であればあるほど高い効果が期待できることは周知の事実である。また、手術によっては術後発生する可能性の高い障害を予防するための術前 (予防的) リハビリテーションも効果がある。
 これらのリハビリテーションはベッドサイドで行えるものが主体であり、専用の施設や病床は必ずしも必要としない。「施設基準」ではなく、「人員配置基準」 を定めることが効率的である。
 また、急性期リハビリテーションの提供については、高度な判断が必要となるため、リハビリテーション専門医の配置を高く評価すべきである。
(2) 回復期・亜急性期リハビリテーションについて
 回復期・亜急性期リハビリテーションについては、多くの面から制度改正が行われたため、施設整備は順調である。
 しかし、「回復度」 や 「一律の提供時間・期間」、「限られた疾病・部位」 など、まだ科学的根拠が確立されていないものまで診療報酬制度で規定されているため、利用者・国民の理解が得られない場合がある。今後は充分なデータに基づく制度設計が望まれる。
(3) 維持期リハビリテーションについて
 維持期リハビリテーションは、その必要性が高いことから、医療保険、介護保険を問わず両制度下で提供されるべきである。特に進行性疾患や重度障害に対しては、疾患治療の継続と同時に、医療保険下での長期的リハビリテーションが必要であり、本来、適応、期間等は医師の裁量に任せるべきものである。一方、介護保険下では、体力や機能の維持・向上、社会参加の促進、介護負担の軽減、等を通して自立生活を支援することが目標となる。しかしながら、現行の介護保険制度下では、その量・質とも十分とは言い難く、早急な改善が必要である。
 症状増悪期や廃用症候群に対しては、適切なリハビリテーションを医療・介護、在宅・施設を問わず、短期集中的に実施出来る環境・制度が求められる。


 資料1では、平成20年度診療報酬改定に対して、大学病院での超急性期リハビリテーションとして、個別のリハビリテーション点数だけでなく発病後2週間以内のリハビリテーションにおける急性期加算の要望が挙げられています。

 資料1の提案が、資料2の 「急性期リハビリテーション料の新設」 に繋がっていると考えられます。
 この 「急性期リハビリテーション料」 は、発症から2週間看護師・准看護師・理学療法士 (PT) がベッドサイドで関節可動域 (ROM) 訓練等を施行した場合、入院基本料に加算されます。但し、疾患別リハビリテーション料とは併算不可であり、いわゆる 「包括化」 された点数です。
 しかしながら、結局、平成20年度診療報酬改定での導入は見送られました。

 資料3では、民主党が、超急性期・回復期・維持期リハビリテーションの将来的な包括払い制度 (「包括化」) の導入を謳っています。但し、急性期は出来高制度を堅持するようです。

 資料4では、平成19年の時点において、DPCのキーマンである松田教授が、「DPCについては、傷病名が優先される分類であるため、疾病横断的なリハビリテーションを包括化していくことは難しく、出来高範囲に置く方が妥当」 と述べています。

 資料5の 「リハビリテーション医療のあり方」 (日病協) では、リハビリテーションの 「包括化」 については明確には記されていませんが、急性期リハビリテーションにおいて、ベッドサイドで行えるものが主体であり、専用の施設や病床は必ずしも必要とせず、「施設基準」 ではなく「人員配置基準」 を定めることが効率的であると記載しており、資料2の急性期リハビリテーション 「包括化」 のニュアンスが少し滲んでいます。

 以上の資料より、リハビリテーション診療報酬の 「包括化」 導入は、未だ未だみたいです。しかしながら、次回診療報酬改定にて、DPC対象病院である大学病院や高度急性期総合病院 (多数の病院が、セラピストの配置が元々少ない) での急性期リハビリテーション対策のため、資料2のような包括化された 「急性期リハビリテーション料」 が導入される可能性も捨て切れません。(一方、セラピストが充分配置されている病院もありますので、そういう病院は疾患別リハビリテーションを算定しても良いという、二本立てかも知れません)。

 今後の中医協とDPC評価分科会の動向を注視する必要があります。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

Page Top

時計
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

カズ食堂

Author:カズ食堂

カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
訪問者数

   (Since 2009/01/11)

現在の閲覧者数
:
リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ランキング
宮崎県 「てげうめ」 グルメ
Amazon アソシエイト







人気ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

banner2.gif
FC2ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

スポンサー・リンク
FC2アフィリエイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。