1. Top » 
  2. 高齢者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

  • Genre:

新型インフルエンザ (90歳代以上に免疫、スペイン風邪で抗体)

 毎日新聞 (2009/7/14) に、新型インフルエンザに関する興味深い記事が掲載されていますので、下記に示します。

新型インフルエンザ:90歳代以上に免疫、スペイン風邪で抗体--東大など

 新型インフルエンザに対する免疫を1918年以前に生まれた人は持っている可能性があることを、東京大医科学研究所などが明らかにした。
 また、新型ウイルスは季節性と違い、肺で増殖するなど強い毒性を持つことが動物実験で示された。
 医科研の河岡義裕教授 (ウイルス学) は 「秋冬の流行時には広い世代で早期治療を心がける必要がある」 と注意を促している。
 13日の英科学誌ネイチャー (電子版) に掲載された。

 河岡教授らは、献血などのため新潟大などに保管されていた日本人約250人の血液を調べた。
 新型ウイルスに対する抗体を持っていたのは、多くがスペイン風邪が発生した1918年より前に生まれた人だった。

 新型インフルエンザに関して、米疾病対策センター (CDC) などの調査から60歳以上に免疫がある可能性が指摘されている。
 だが、河岡教授は 「1918年のウイルスは人で流行するうちに大きく変異した。一方、新型ウイルスはほとんど変異しないまま豚で流行していたため、1920年代以降に生まれた人に免疫はないとみられる」 と指摘している。

 さらに、イタチの仲間で実験したところ、新型ウイルスに感染させた3匹は気道内で広く増殖して肺に侵入し増殖するのに対し、季節性に感染させた3匹は鼻などの上気道にとどまった。

 米国などでも健康な人がウイルス性肺炎を起こして重症化する例がある。
 河岡教授は 「新型ウイルスには季節性にはない毒性があることを示す結果で、今後さらに毒性を増す恐れもある。60~80代の高齢者も免疫がないとみられ、十分な警戒が必要だ」 と話している。

(1)以前の当ブログ記事 [「国内の大規模感染拡大は確実 (新型インフルエンザ)」 および 「新型インフルエンザ (秋冬の大流行に備え、肺炎球菌ワクチン接種を)」] でも述べましたが、新型インフルエンザの死亡原因として、「ウイルス性肺炎」・「細菌性肺炎」 (特に高齢者) が提起されています。

 前者において、「ウイルス増殖のコントロールを全くできていないというのが基本にある」 とされており、重症化例に対する抗インフルエンザ薬治療に関しては、「ウイルス性肺炎を起こしてウイルスの増殖が全く抑えられないような症例にタミフル、リレンザを使っても効くとは思えないところがあり、早期からウイルス増殖をコントロールする対策が今後の課題になる」 と報告されています。

 また、スペイン風邪や鳥インフルエンザによる死亡原因として、サイトカイン・ストーム説 [サイトカインの過剰産生:サイトカインは免疫系による感染症への防御反応として産生されるが、それが過剰なレベルになると気道閉塞や多臓器不全を引き起こす (アレルギー反応と似ている)。これらの疾患では免疫系の活発な反応がサイトカインの過剰産生につながるため、若くて健康な人がかえって罹患しやすいと考えられる] も唱えられており、新型インフルエンザの死亡原因の早急な特定・解明が重要と考えられます。

(2)新型インフルエンザの今年の秋冬における大流行に向けて、①肺炎の重症化例に対する人工呼吸器および集中治療室 (ICU) の早急な整備、② 「肺炎球菌ワクチン」 (特に、高齢者) ならびに 「新型インフルエンザワクチン」 の両方の接種、が必要と考えられます。

 政府・厚生労働省の早急かつ周到な新型インフルエンザ対策が望まれます。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

スポンサーサイト

新型インフルエンザ (秋冬の大流行に備え、肺炎球菌ワクチン接種を)

 WHO (世界保健機関) が6月11日に 「世界的大流行 (パンデミック)」 を意味する最高度のフェーズ6を宣言した新型インフルエンザ (2009インフルエンザ) は、今年の秋冬の大流行が予想されています。

 現在、新型インフルエンザは、弱毒性で、感染力も季節型インフルエンザより少し強い程度とされています。

 しかしながら、これから冬を迎えるオーストラリア、南米、オセアニア等にて、大流行し、且つ、突然変異または遺伝子交雑が生じて、強毒性・強い感染性の新型インフルエンザに変貌する可能性があります。

 文藝春秋2009年7月号に掲載されているインタビュー記事 「新型インフルエンザ50問50答 秋冬の大流行に備えよ」 にて、菅谷憲夫・神奈川県警友会けいゆう病院小児科部長が、新型インフルエンザについて、非常にわかりやすく解説されています。

 その中で、同部長が、新型インフルエンザでの死亡を避けるために、肺炎球菌ワクチンの接種の重要性を喚起されていますので、下記に示します。

 新型、季節型問わず、インフルエンザで死亡する原因のほとんどが細菌性肺炎であることから、特に、肺炎球菌ワクチンの接種が重要であり、高齢者 (特に、種々の合併症・併存疾患を抱える方々) とその家族へのワクチン接種についての啓発・啓蒙が肝要と考えられます。
 医療スタッフ・リハビリテーションスタッフ・介護スタッフ等からの積極的な啓発・啓蒙が望まれます。

●新型インフルエンザ50問50答 秋冬の大流行に備えよ

【肺炎球菌ワクチンを打て】

(問31)今後の対策で重要な点は。

(答)
 新型インフルエンザで死ぬ原因はほとんどが肺炎、しかも細菌性肺炎です。
 スペインかぜやアジアかぜ、香港かぜで死んだ人も90%以上は細菌性肺炎だったことが最近明らかになりました。
 毎年のインフルエンザでも高齢者が死んでますが、ほとんどは細菌性肺炎。
 だから、これからすべきことは細菌性肺炎への備えです。

(問32)インフルエンザになると気道が炎症を起こして、細菌を増殖しやすくさせる?

(答)
 その通りです。
 気道がひどくやられて、もともといる細菌が肺炎を起こす。
 重症の細菌性肺炎で死亡するんですね。
 なかでも肺炎球菌による死亡はかなり出ると思います。
 ところが、日本は肺炎球菌ワクチンの接種がものすごく低い。
 肺炎球菌ワクチンは、65歳以上の高齢者に打つことになっているんですが、接種率は5%程度。
 欧米ではインフルエンザワクチンと同程度、60~70%の接種率があります。

(問33)なぜ日本は低いんですか。

(答)
 一つは、知らない人が多いからだと思います。
 インフルエンザで死亡する原因は細菌性肺炎だというメッセージはすごく大事で、日本感染症学会が5月に緊急アピールを出しました。

(問34)肺炎球菌ワクチンはいつ受けたらいいですか。

(答)
 第1波 (註:今秋あるいは来年の1、2月)、第2波の流行の前。
 今こそ高齢者は受けるべきです。

(問35)効果の持続時間は。

(答)
 5年間ですから、新型インフルに備えるには今が好機です。
 問題は、接種回数を日本は1回しか認めていないこと。
 2回目は腫れやすいからといいますが、欧米は2回認めています。
 硬直化した制度が問題ですね。
 加えて、重症の細菌性肺炎で呼吸不全にもなるので、人工呼吸器が必要です。
 水際対策とかマスクとかいってますが、それより人工呼吸器の準備が全然足りない。
 病床が足りたとしても呼吸器がなくては。
 高齢者の場合、肺炎に対する備えは非常に重要ですよ。

(問36)肺炎球菌とインフルエンザのワクチンは一緒に接種してよい?

(答)
 1週間あければ問題ありません。
 H5N1 (註:鳥インフルエンザ) に対するプレパンデミックワクチンを打つよりは、肺炎球菌ワクチンを打った方がいいというのが私の意見です。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

「わが国の医療政策の方向」 (厚生労働事務次官・講演)

 Japan Medicine (2009/5/27) に、日本病院会総会において江利川厚生労働事務次官が行った講演 「わが国の医療政策の方向」 に関する記事が掲載されていますので、下記に示します。

【わが国の医療政策の方向】

●少子化問題克服が安定的制度設計につながる

 厚生労働省の江利川毅事務次官は、「わが国の医療政策の方向」 をテーマに、最近の医療施策の動向について言及し、少子化問題が克服できないと安定的な制度設計ができないと指摘した。
 特に、医療費の現状は、高齢者の医療費が若人の約5倍だが、諸外国では同じ数値が約3倍にとどまるとし、高齢者の医療費の削減は避けられない施策であることを示唆した。

 講演後の質疑応答では、フロアから医師の負担軽減策として入院時医学管理加算や、入院基本料7対1など、打たれる施策がちぐはぐとの意見が出された。
 これに対して、江利川事務次官は、「政策の連携が重要」 とし、それを意識した人事異動を夏に行いたいとの考えを示した。

 さらに、医師不足等や医療技術の高度化に伴い、医師、看護師等の役割分担の見直しが求められる中で、NP (ナースプラクティショナー) などの医療職の検討に関する質問が出された。
 同事務次官は、歩みは遅いが検討を進めている状況ではないかと回答した。

(1)相も変わらず、「高齢者の医療費の削減は避けられない」 との御託宣です。
 事ここに至っては、発想の大転換をして頂き、「必要な高齢者の医療費は確保する」 という大前提で、他の分野の 「税金の無駄使い」 を大胆にカットして頂き、その結果、「削減するものが最早ない」 ということを一般国民が充分納得した上で、最後の最後で消費税増税論議に入って頂きたいと思います。

(2)フロアからの質疑応答時の 「打たれる施策がちぐはぐ」 との意見に関しては、2年ごとの診療報酬改定の総責任者である厚生労働省保険局医療課長が変わるたびに、診療報酬体系の精神・思想および方向性が相当変わる、あるいはブレる印象があります。
 政府が最終決定する診療報酬改定率に翻弄されるからかも知れませんが・・・。

(3)上記のNPをはじめとした 「医師から看護師等のコメディカルへのエンパワーメント (権限と責任の委譲)」・「スキルミクス (真の多専門職種協働)」 については、「医師 (特に勤務医) の負担軽減」・「チーム医療」 において大変重要な課題です。

 法律上の諸問題ならびに各専門職種における様々な利害関係等がネックとなり、遅々として進展しない印象を受けますが、「医療崩壊・医療破壊」 のこれ以上の増悪を防ぐためにも、拙速は避けつつ、一歩一歩前進して頂きたいと思います。

【関連記事】
 ◎ 「医師不足対策の誤りを指摘」 (日野原重明・聖路加国際病院理事長)
 ◎PA (非医師高度臨床師) ・NP (ナース・プラクティショナー)
 ◎医療職種の役割分担 「検討の場、設置を」 (医道審議会)
 ◎ 「医行為のコメディカルへの権限委譲」 厚労省見解




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

小児および高齢者における食品による窒息の要因分析

 厚生労働省ホームページに 「食品による窒息事故に関する研究結果等について」 に関する事項が掲載されていますので、その研究結果の一部の概要を下記に示します。

● 「食品による窒息の要因分析」 調査について
    (平成20年度厚生労働科学特別研究事業)

1.主任研究者:向井美恵 (昭和大学歯学部口腔衛生学教授)

2.研究内容

●窒息事故事例の分析 (小児及び高齢者)

(1)救命救急センターなど433施設を対象に、平成20年6月1日から8ヶ月間の窒息症例 (0歳から15歳の小児) を収集。185施設から回答 (回答率:43%)。

(2)介護老人福祉施設 (特養) に入居している高齢者437名を対象に、平成18年6月から2年半の窒息症例を収集。

●窒息リスクの高い食品 (ご飯、パン) 等の分析

(1)ご飯の固まりや水分を含んだパンが、喉に詰まりやすいものと仮説し、それらの物性を分析。
 なお、餅の物性の分析については、昨年度実施済み。

(2)また、社会的に関心が高いこんにゃく入りゼリーについては、旧来品と現在流通しているものの物性を比較。

●食品の窒息に関する意識調査

(*)15歳以下の子どもをもつ1,015名の母親を対象に、Web調査。

●ヒト側の窒息要因分析

(*)中咽頭の成長変化や形態的特徴 (小児)、加齢による咽頭形態の変化 (高齢者) 等の解剖学的特徴が窒息のリスクへ与える影響を分析。
 あわせて、中咽頭から下咽頭までの動きと食塊 (餅、パン) の咽頭流入の関係を生理学的に分析。

3.結果・考察

(1)小児窒息について、回答のあった救命救急センター185施設での、調査期間中の事例は12例であった。
 そのうち、家族により応急処置 (背部叩打法) が行われていたのは半数のみであり、その教育と普及が重要。
 症例12例の内訳は、アメ (5例)、ピーナッツ・豆類 (3例)、リンゴ、冷凍ゼリー、ラムネ、いくら (各1例) であった。
 12例にうち11例は1歳~4歳。
 死亡が確認できたのは1例。

(2)高齢者窒息では、「認知機能の低下」、「食の自立」、「(特に義歯装着時の) 臼歯部咬合の喪失」 がリスク因子であった。
 窒息事故の約半数は施設で対応しており、施設職員への適切な対処方法の徹底が必要。
 調査期間中の症例の内訳は、野菜・果物、肉、魚類、ご飯、パン、餅、菓子類の順で多かった。
 11.7%で窒息の既往があった。

(3)ごはんやパンを咀嚼しないでのどに詰め込むことは、窒息のリスクであることが示された。
 ごはんの塊の比重が大きくなるほど、硬さ、凝集性、付着性はいずれも増加した。
 唾液と混じったパンの塊の比重が大きくなるほど、硬さ、付着性は増加した。

(4)現在流通しているこんにゃく入りゼリーは、旧来品に比べて、かたさ、破断応力の点で、一般のゼリーの特性に近づいていた。
 一方で、一般のゼリーとは異なる食品特性をもつものであることから、特に、小児や高齢者へこんにゃく入りゼリーを提供する際には、一般のゼリーとは異なるものであることを再度注意喚起する必要があることが示された。

(5)食品の窒息事故は、救急事例にならないまでも日常的に起こっている一方で、そのリスクについて、半数近くの母親は認識しておらず、注意を払っていなかった。
 ただし、自分の子どもが窒息を経験すると、注意を払うようになる母親は多かった。
 リスクに対する認識を高めるとともに、子どもの嚥下、咀嚼能力の発達段階とそれに応じた食品の選択と与え方に関する知識の普及が必要。

(6)子どもの窒息が起こりやすい中咽頭の形態的特徴があること、高齢者のリスク要因は機能低下だけでなく中咽頭の形態的変化もその一つであることが明らかになった。
 また、咀嚼中に、食塊が咽頭に流入することが窒息の一因であると推察された。
 唾液とよく混和する (咀嚼する) こと、一口量を適切にすること (押し込み食べをしないこと) が重要。

(7)窒息事故の防止には、ヒト側の要因と食品側の要因について多面的な対応が必要。

 「ミニカップタイプのこんにゃく入りゼリーによる窒息事故」 の多発に伴い、小児および高齢者における食品による窒息が注目を浴びました。

 上記研究結果の通り、乳幼児、高齢者などでは、解剖学的・生理学的に、食べ物による窒息がおきやすく、特に、高齢者の場合、加齢・基礎疾患・合併症・併存疾患・障害像・認知機能・義歯の整合性・服用薬等の様々な要因の影響をかなり受けるため、窒息および誤嚥性肺炎のリスクが高いという問題を抱えています。

 また、多くの一般の方が 「それほど危険性はないだろう」 と誤解している 「食事介助」 は、窒息および誤嚥性肺炎の観点から考えると、介助者に 「高いスキルとリスク管理能力」 が要求されると考えられます。

 以上、小児および高齢者における 「食品による窒息および誤嚥性肺炎」 に関して、児童福祉施設、老人福祉施設、介護保険施設、関係団体等に充分な情報提供が成され、食品による窒息事故および誤嚥性肺炎の予防の啓発が成されるとともに、食事提供の際の注意喚起等、事故発生の防止を徹底するよう、関係者に周知徹底されることが望まれます。

 また、「食品による窒息および誤嚥性肺炎」 に対する認識があまり高くない医療機関も要注意です。
 食事介助時のスキルの向上およびリスク管理能力の向上、NST (栄養サポートチーム)・ICT (感染制御チーム)、摂食機能療法 (口腔ケア・摂食嚥下訓練)、段階的な嚥下食の配食システム等の多専門職種による包括的なチームアプローチが肝要と考えられます。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

「転倒予防靴下」 (商品開発物語)

 足が弱り転倒しやすくなったお年寄りの介護のために作られた靴下として、(株) コーポレーションパールスターが開発した 「転倒予防靴下」 [下記の図 (写真) を参照] が好評を博しています。
 
 本商品の特徴は下記の3つのポイントです。

【ポイント1.転倒予防効果・ウォーキング効果】

 特殊な編み方でつま先を反り上げることで、歩行の際につまずきにくくし体のバランスを保ちます (つまづき転倒防止)。
 そして、つま先を上げたウォーキングを自然と実現できるようにし、以下の3つの効果を狙います。

(1)つま先を上げ、かかとから着地させることで、足裏を柔軟にし、土踏まずを鍛え、腰や膝に負担をかけない歩き方を実現できるようにします。

(2)かかとから着地で歩幅を広げ、筋肉を刺激し、歩行時のエネルギー消費量を増大させ、脱メタボ歩行対策を実現できるようにします。

(3)土踏まずが高くなり (ウインドグラス効果)、足腰の疲れ予防。

【ポイント2.むれにくい・においにくい・冷えにくい】

(1)靴下のつま先部は二重式の凹凸編みになっており (詳細は元祖二重式凹凸編み靴下を参照)、保温効果を高め、暖かさ・通気性を持続します。

(2)底部のあぜ編み (凸凹編み) は発汗作用を抑える効果があり足の指の間が蒸れにくく清潔になるので、一日中靴を履く方にとっては効果的です。

【ポイント3.その他の効果】

(※)足関節を保護し、美脚効果やヒップアップ効果を実現します。

 (株) コーポレーションパールスターのホームページに、本商品に関する興味深い商品開発物語が掲載されていますので、下記に紹介します。

● 「転倒予防靴下」 商品開発物語

 平成18年の5月、
 「足先を上げる補装具はあるが、日用性に欠けるので、患者さんが使いたがらない」。
 「10年間、靴下にゴムバンドをつける商品を試作してきたが、うまくいかない」。
 「日用品として使いやすく、そして足先が上がる商品を開発できませんか」。
と言われる義肢装具士さんが尋ねて来られました。

 自信があったわけではないのですが、
 「当社は靴下製造が本業なので、靴下で開発してみます」。

 試作を繰り返す中、平成18年8月に神戸学院大学で行われた日本リハビリテーション工学会で試作品を展示。
 「履いても良いですか」。
 「なるほど、足趾が上がりますね」。
 「装具でなく、靴下でMP関節の背屈機能を得る方法、いいですねぇー」。
 「底屈機能が妨げられるので、立位の時のバランスが悪いですね」。
 「足の機能を勉強して研究開発すると、良い転倒予防靴下になりますよ」。
 「高齢者の転倒事故は、大腿骨頚部骨折、そして寝たきり・認知症につながりますので、良い転倒予防靴下に仕上げてください」。
 専門用語が多く、半分も理解できませんでした。
 後に、この方がべトちゃん・ドクちゃんの執刀医の澤村先生だった事を知りました。

 早速、学会で名刺交換した松江医療福祉専門学校の南場先生 (理学療法士) を訪ね、専門書の紹介、そして広辞苑にない専門用語に平仮名、数回のレクチャーで足の構造の勉強をしました。
 知れば知るほど、転倒事故に対処できる転倒予防靴下ができる自信がなくなってきました。

 半年間の模索、広島銀行より広島大学大学院保健学科・浦辺教授の紹介を受け、
 「なるほど、上がりますね」。
 「靴下で転倒予防の効果を得る発想は、新規性が高いので、一緒に開発しましょう」。

 2ヶ月後のミーティングで、
 「大変面白い測定結果がでました」。
 「転倒予防対策では、かなり期待できる測定結果が得られました」。
 更に、「足趾をあげる効果は、膝痛・腰痛対策にもつながるので、これにも有効性が期待できるかもしれません」、等々の3時間にわたるレクチャーを受ける中で、一気に解決策が見えてきました。
 こうして転倒予防靴下が完成したのです。

 「階段の上り下りができなかったのが、上りだけですが、のぼれるようになりました」。
 「片麻痺で右足をひきずって歩いてたのが、足を持ち上げて歩けるようになりました」。
 「膝の痛みで毎週病院に行っていたのが、今は月に1回だけです」。
 「こむらがかえり、トイレに間に合わないので、オシメをしていましたが、オシメがはずせました」。
 団塊の世代の私には、このような体験は未だありませんが、東京での展示会の時でした。
 電車が入ったので階段を駆け下り、とび乗っていた自分にビックリ、以前は足がもつれるので、次の電車にしていました。
 何故このような現象があるのかを浦辺先生にお聞きしたところ、「促通効果が得られた可能性は考えられますね」。

 中国労災病院を始め、病院等でリハビリ用として転倒予防靴下が売れていく中で、取引先より 「転倒予防靴下で、ウエストが細くなった、履けなかったジーパンが履けるようになったの声が何人かでてきてる」 の報告を受け、メタボ症候の86cmのズボンがブカブカになってる事に気付きました。
 ひょっとしてと思い、若い時代にはいていたノータックの82cmのズボン、スッとはけたのには驚きでした。

 「新商品誕生の裏にドラマあり」
 商品が誕生し、市場に出回るまでには、多くの人々が携わり、各関係機関の連携のもと、それぞれの部署で全力を注いでいます。
 試行錯誤を繰り返し、数々のハードルを越え、見事製品化に成功したストーリーを読むと、熱いものが感じられます。

転倒予防靴下




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

Page Top

時計
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:カズ食堂

カレンダー
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
訪問者数

   (Since 2009/01/11)

現在の閲覧者数
:
リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ランキング
宮崎県 「てげうめ」 グルメ
Amazon アソシエイト







人気ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

banner2.gif
FC2ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

スポンサー・リンク
FC2アフィリエイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。