1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 「ドイツの医師開業規制制度」 (財務省が財政構造改革部会でアピール)
  4. 医療行政 » 
  5. 「ドイツの医師開業規制制度」 (財務省が財政構造改革部会でアピール)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

  • Genre:

「ドイツの医師開業規制制度」 (財務省が財政構造改革部会でアピール)

 Online Med ニュース (2009/5/12) 「ドイツに医師開業規制制度、開業医1人当たり住民数で定数設定2010年からは点数単価の増減も」 によると、「医師の大都市偏在の状況」 をまとめた財務省は5月11日の財政構造改革部会にその補足説明資料を提出、ドイツでは保険医需要計画に基づき、地域単位で診療科ごとに保険医の定員を定め、定員を10%以上上回る地域または診療科では新規開業は不可とする保険医の開業規制が行われていることを紹介しました。

 さらに、保険点数単価について、2010年からは保険医の過剰地域では減額し、過少地域では増額する措置が取られることになるとしています。

 詳細は下記の通りです。

ドイツにおける医師配置の規制について

①公的医療保険における保険医 (開業医) の配置規制

 (1) ドイツにおいては従来より、各州の保険医協会と保険者団体が協力して
  策定する保険医需要計画に基づく、保険医 (開業医) の開業規制が存在。

 (2) 保険医需要計画では、各地域における人口密度等に応じて区分した10の
  地域区分 (需要サイド) と、14の診療科 (供給サイド) ごとに、保険医とし
  て開業できる医師の定員を定めており、この定員を10%以上上回る地域・
  診療科では、原則として新規開業は不可。
   (各地域・各診療科の定員は、開業医1人当たりの住民数をもとに機械
   的に設定)。

  (注1) 10の地域区分
     ◎全国を地域開発計画上の10区分 (大規模人口稠密地域・4段階、
      人口稠密化地域・3段階、人口密度の低い周辺地域・2段階、
      ルール地方) に分類。(ドイツ全土が約400の地域に分類される)。

  (注2) 14の診療科
     ◎麻酔科、眼科、外科、内科、産婦人科、耳鼻科、皮膚科、小児
      科、神経科、整形外科、精神科、放射線科、泌尿器科、家庭医。

②2007年の医療保険制度改正における新たな医師数のコントロール方策

 (*) 保険医の過剰地域及び過少地域には、通常の1点当たり単価から減額又
  は増額された単価が適用されるシステムが導入される (2010年より施行
  予定)。
スポンサーサイト




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://rehabilidogenka.blog54.fc2.com/tb.php/120-e006fa9e この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

時計
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

カズ食堂

Author:カズ食堂

カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
訪問者数

   (Since 2009/01/11)

現在の閲覧者数
:
リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ランキング
宮崎県 「てげうめ」 グルメ
Amazon アソシエイト







人気ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

banner2.gif
FC2ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

スポンサー・リンク
FC2アフィリエイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。