1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 安心社会実現会議 (厚生労働省の分割や省の新設も検討を)
  4. 社会保障 » 
  5. 安心社会実現会議 (厚生労働省の分割や省の新設も検討を)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

  • Genre:

安心社会実現会議 (厚生労働省の分割や省の新設も検討を)

 毎日新聞 のホームページ (2009/5/15) に興味深い記事 「安心社会実現会議:厚労省の分割や省の新設も検討を」 が掲載されていますので、下記に示します。

●安心社会実現会議:厚労省の分割や省の新設も検討を

 中長期の国家戦略を議論する政府の有識者会議 「安心社会実現会議」 (座長・成田豊電通最高顧問) が15日、首相官邸で開かれた。
 麻生太郎首相は厚生労働省を分割し、医療、年金などを担当する 「社会保障省」 と、雇用、少子化などを所管する 「国民生活省」 の創設を検討する考えを示した。

 会合で、委員の渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長が、厚労省を 「雇用・年金省」 と 「医療・介護省 (庁)」 に分割するよう提言。
 これに対して、首相は 「国民生活に力を入れるための省を一つ作ったらどうか。基本的にそう思っていた」 と応じた。

 さらに、首相は 「単に厚労省を二つに分割するのではなく、国民の安心を所管する省を強化する発想で考えてはどうか。私の考えでは国民生活省、社会保障省といろいろ表現はあるが、医療・介護・年金福祉が社会保障 (省)。雇用・児童・家庭部門・少子化、男女共同参画など内閣府でやっているようなものが国民生活省」 と語った。

 会議では、目指すべき国家像として、「小さい政府」 から 「機能する政府」 への転換による 「新たな公の創造」 や安心と活力の両立を目指す 「成長と安心」 など8項目も提示。
 6月中旬にも提言をまとめ、同下旬に策定する政府の経済財政運営の基本方針 「骨太の方針09」 に反映させる。

 また、同会議に提出された資料1 「これまでの議論を踏まえた論点の整理 (案)」 の3ページ目の 『Ⅱ.目指すべき 「国家像」・「社会の姿」 について』 を下記に示します。

●目指すべき 「国家像」・「社会の姿」 について

 現代は社会経済の大転換期。
 国民と国家がともに手を携え、社会の不安定化・分裂を回避し、「安心と活力」 の好循環を通じた、新しい時代にふさわしい 「新しい日本型安心社会」 を構築することが必要ではないか。

1.「成長と安心」
 ◎安心と成長の同時実現、安心と活力の両立
 ◎世界への貢献-共生を通じた自らの発展・成長

2.「信頼」
 ◎安心の基礎となる政府と国民との信頼関係、国民相互の信頼関係=「社会的
  信頼関係」の回復、「社会契約」としての安心社会の実現

3.「切れ目のない安心」
 ◎全世代・全生涯を通じた 「切れ目のない安心」 の実現、特に現役世代 (人生
  前半期) の安心-雇用を軸とした安心保障-の実現
 ◎ 「リスクをカバーするセーフティネット」 から 「人への投資を重視した能力
  発揮・自己実現の支援」 へ

4.「公正な社会」
 ◎社会の一体性の維持・社会的公正の実現、格差の固定化・世襲化の防止、
  「努力が報いられる社会・一生チャレンジできる社会-複線の人生設計を可
  能にする社会-」の実現、社会参加・社会貢献の積極的評価

5.「次世代の支援」
 ◎少子化対策・次世代育成支援対策の抜本的強化、未来への安心 (社会全体の
  持続可能性) を高める取り組みの強化

6.「新たな 「公」 の創造」
 ◎ 「公」 の役割の再構築・再定義、分権化と多元化、多様な主体による新たな
  「公」 の創造、小さい政府から機能する政府へ
 ◎国民の社会参加の効果的な保障と役割・責任の分担

7.「地域・家族の支援」
 ◎地域 (コミュニティ) や家族の変容・多様化に対応した支援策の再構築、「住
  まい」 や 「まちづくり」 をも含めた支援

8.「国民へのメッセージ」
 ◎中福祉・中負担の大きな設計図・見取り図と具体的政策の優先順位の提示、
  ライフステージに沿った具体的な 「安心」 の提示
 ◎安心社会実現に向けての国 (政府)、自治体、企業、地域、家族、個人それ
  ぞれの参加、責任と役割の分担

 上記の 『厚生労働省の分割や省の新設』・『目指すべき 「国家像」・「社会の姿」』 に関しては、国民にとって、大筋異論はないものと思われます。

 問題は、上記を本当に実現できるかどうかだと考えられます。

 上記を実現できる政権は、今の 「自公政権」 なのか、政権交代後の 「民主党を中心とした連立政権」 なのか、はたまた、「大連立政権」 (あるいは 「中連立政権」) なのか・・・。

 次期総選挙は、国民およびその子孫にとって、将来を大きく左右する大事な選挙と思われ、積極的な投票行動および政治参加が肝要と思われます。
スポンサーサイト




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://rehabilidogenka.blog54.fc2.com/tb.php/122-c49860f4 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

時計
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

カズ食堂

Author:カズ食堂

カレンダー
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
訪問者数

   (Since 2009/01/11)

現在の閲覧者数
:
リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ランキング
宮崎県 「てげうめ」 グルメ
Amazon アソシエイト







人気ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

banner2.gif
FC2ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

スポンサー・リンク
FC2アフィリエイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。