1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 医療崩壊は日本崩壊の氷山の一角 (本田宏・済生会栗橋病院副院長)
  4. 医療 » 
  5. 医療崩壊は日本崩壊の氷山の一角 (本田宏・済生会栗橋病院副院長)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

  • Genre:

医療崩壊は日本崩壊の氷山の一角 (本田宏・済生会栗橋病院副院長)

 医療政策の検討や提言を行う民間会議 「医療政策国民フォーラム」 は、6月24日、下記の 「マニフェストで問うべき3つの重要課題」

  ①安定財源を確保し、急性期医療に集中投資する。

  ②自律的な専門医制度を確立し、医療の質と安全性を向上させる。

  ③政策決定プロセスを透明化し、広く国民の声を反映する仕組みを制度化する。

を発表しました。

 また、併せて、次期総選挙に向けて、31名の有識者委員が示した下記の提言、

  ①各政党がマニフェスト (政権公約) で問うべき重要課題

  ②医療提供者、政治・行政、市民・患者、ジャーナリスト、産業界・保険者の
   それぞれの責務

を公表しました。

 その中で、長年、病院に勤務する医師の立場から、「医療崩壊」 の現状を訴えられている本田宏・済生会栗橋病院副院長の貴重な提言を下記に示します。

 これまでの本田先生の 「医療崩壊」 に対する活動の集大成ともいうべき提言であり、各政党のマニフェストに是非取り入れて頂きたいと思います。

 また、「医療崩壊・医療破壊」 を打破すべく、「医療提供者、政治・行政、市民・患者、ジャーナリスト、産業界・保険者」 が各々の立場で、本田先生の提唱する下記の 「それぞれの責務」 を充分果たして頂きたいと切に願っております。

●医療崩壊は日本崩壊の氷山の一角

【マニフェストで問うべき重要課題】

1.医療費総額

 日本の高齢化と経済力に見合って医療費総額を増加させる。
 この際、各政党は、「医療費総額を対GDP費○○%まで増やし、それにより、雇用を○○人増加させる」 などと具体的な数値目標を設定すべきである。

2.医療従事者の増員

 病院における、医師、看護師、フィジシャン・アシスタント (PA)、医療秘書などの医療従事者の増員。

3.医療職の業務分担の見直し

 当面の医師不足を打開するためにも、たとえば医師そのものの増員に加え、医師を支えるスタッフの拡充も不可欠である。
 たとえば医療秘書、専門ナース、PA制度導入などを行う。

【それぞれの責務】

1.医療提供者

 自己の職務に埋没し現状を諦めていては、医療が崩壊してしまう。
 医療のグローバルスタンダートに遅れないように、正しい情報を渉猟し、自己改革に努める。
 さらに医療現場から情報発信し、一般国民、メディア、経済界、行政、政治家に医療崩壊の深層を正しく伝える努力ことが医療崩壊阻止の必要最低条件。

2.政治・行政

 医療崩壊を解決するヒントは現場にある。
 いつまでも現場を無視した机上の空論で医療費や医療のあり方をコントロールしていただけでは医療崩壊は加速するばかり。
 地方分権の重要性と同様、21世紀の医療のあり方について、現場の医療者に責任と権限を与えるべきだ。

3.市民・患者

 日本の医療崩壊の根底にある、先進国中最低の医療費と逆に高い国民自己負担率、さらに先進国最少の医師や看護師数があることを認識する。
 日本はすでに世界一の高齢化社会、今後世界未曾有の超高齢化社会を目前に控えている。
 医療は命の安全保障、税金の使い方の優先順位を決める責任と義務は国民にある。
 今のままでは医療へのアクセスはおろか、医療安全の確保も困難だ。

4.ジャーナリスト

 記者クラブ発表から脱却し、足で稼いで現場の問題点を丹念に伝えてほしい。
 今のままの低医療費と医療スタッフ不足 (日本の病院は医師・看護師だけでなく医療秘書や他職種まで絶対的に不足) では、医療崩壊が加速するばかり。
 医療崩壊は日本崩壊の氷山の一角、ピンチをチャンスに変える建設的報道を期待したい。

5.産業界・保険者

 産業 (経済) 発展と医療・福祉・教育は車の両輪として現在の民主主義・資本主義社会を支えている、という事実を思い出してほしい。
 経済のみ発展しても国民が不幸なままでは、永続的な経済発展はありえない。
 経済の語源は 「経世済民、経国済民」 のはず、国民が不幸なままの国家を放置すれば、その国は没落するか戦争に突入するのが歴史的教訓である。
スポンサーサイト




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://rehabilidogenka.blog54.fc2.com/tb.php/158-12203b37 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

時計
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

カズ食堂

Author:カズ食堂

カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
訪問者数

   (Since 2009/01/11)

現在の閲覧者数
:
リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ランキング
宮崎県 「てげうめ」 グルメ
Amazon アソシエイト







人気ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

banner2.gif
FC2ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

スポンサー・リンク
FC2アフィリエイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。