1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 西松建設献金事件 (民主党小沢代表秘書逮捕) は検察の 「国策捜査」 ?
  4. 政治 » 
  5. 西松建設献金事件 (民主党小沢代表秘書逮捕) は検察の 「国策捜査」 ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

  • Genre:

西松建設献金事件 (民主党小沢代表秘書逮捕) は検察の 「国策捜査」 ?

 今もマスコミの格好の 「餌食」 になっている西松建設献金事件 (民主党小沢代表公設第一秘書逮捕) について、一般国民の間でも、検察の 「国策捜査」 疑惑が囁かれています。

 本ブログ記事では、上記に関するニュース記事・ブログ記事を紹介します。

(資料1) JANJAN (市民の市民による市民のためのメディア) (2009/03/04)

うわあ、あからさまな国策捜査!?としか考えられない。(海形マサシ)

 筆者は、別に小沢一郎氏が身ぎれいな人だと信じているわけでもない。

 元自民の重鎮だったぐらいだし、なにかとこういうことに手をつけていても不思議ではない。もっとも、彼だけではないはず。

 だけど、このタイミング、あまりにもよすぎる。するのなら、もっと前にもしてもいいはず。逮捕状を出すのは、検察の意向で決められるんだから。

 まあ、支持率が落ちに落ちて議席が激減すると聞けば、何でもありなんだろう。

 しかし、これではっきりした。

 検察は全く信用ならない。政府の犬でしかない。

 そんなわけで、死刑廃止賛成。それから、裁判員制も、もっと市民参加がしやすいのであれば、賛成。市民の関与を司法に入れるべき。

 こんなに腐っているとは。

 陰謀といえば、やはり 「第7艦隊だけでいい」 発言が大きかったかな。宗主国を怒らせると、エージェントが猛威を奮う。

 おお、こわ、日本は恐怖政治に陥るぞ。


(資料2) JANJAN (市民の市民による市民のためのメディア) (2009/03/11)

今こそ検察の独立性を問おう(海形マサシ)

 民主党小沢代表秘書ら会計責任者の逮捕以来、検察の国策捜査陰謀論が繰り広げられている。

 確かに不審な点が多い。タイミングにしろ、起訴された場合の罪状にしろ、政権交代可能な総選挙を前にして野党党首の社会的信用を貶める逮捕劇が、こうも派手に繰り広げられているのには意図を感じざる得ない。

 これには、官邸説、米国CIA説、官僚説の他、検察自身が政権交代を恐れて起こしたなど噂が飛び交う。

 しかしなぜ、こんなに検察の捜査に疑惑が向けられるのか。それはこれまで積み上げられてきた検察庁に対しての不信が溜まりに溜まってのことだろう。少しでも、日本の司法について学習した人なら、日本では三権分立が成り立っていないことがよく分かるはずだ。

 裁判所は、実をいうとお飾りに過ぎない面がある。日本では逮捕され、起訴されると99%の確立で有罪になる。実質上、検察が裁判を引き受けているようなもの。起訴後の法廷はセレモニーに過ぎない。むしろ、検察の方が、裁判所より立場が上というのが、明治以来からの伝統だ。

 検察官からの立場でいうと、日本では逮捕だ、起訴だということだけで、有罪とみなされる世間体があり、起訴のハードルがとても高いのだという。だから、よほど有罪とみなされない限り、検察は起訴しないため、結果、高い有罪率になるのだと。

 だが、困ったことに、そういう起訴か不起訴の決定が、検察官の一存で決まってしまうのだ。困ったことに、その検察官が、国策捜査などで違反行為を行っても、誰もそれを阻止できない。裁判官であれば、とりあえず弾劾裁判などがある。国会議員は選挙で落選を受け失職させられる。

 検察への監視や圧力といえば、せいぜいメディアや市民団体による告発ぐらいか。もっとも日本ではそれが弱い。

 ならば、具体的に検察の行為を監視する、間違った行為があれば裁くシステムや法律をつくってみてはどうか。もちろん、検察の中立性はきちんと保てるようにしなければならない。

 裏金疑惑で内部告発をしようとして微罪で逮捕された三井環元検事は、弁護士団による調査及び弾劾方式を提唱していた。(ビデオニュース・ドット・コムの番組出演にて)。諸外国の例をいえば、アメリカでは検事総長は選挙で選ばれるという。悪名高い共謀罪などがアメリカにはあるが、そういう監視システムが存在するので日本とは違う。

 また、より具体的に司法妨害行為を禁ずる法律を作成する必要もあると思う。政治家などが政治力で自身に不利な検察の起訴を阻止したり、または、利益を得るため政敵を起訴をしたりする行為が明確になった場合の罰則を定めるのである。もちろん、その違反行為を認定する独立機関の設置もきちんと定める。

 小沢代表秘書の件が国策捜査であるにしろ、ないにしろ、検察不信は、今後膨らみ続けるだろう。一般市民の捜査における協力が得にくくなる事態になっていく。検察自身が自らの手足を縛ることになる。

 民主党が政権交代をするのなら、是非とも、今回の騒動で受けた不快な体験を糧に、検察及び司法の独立性を高める改革を実行して欲しい。


(資料3) 「きっこのブログ」 (2009/3/13)

「民主党側だけを事情聴取する検察に疑問の声」 (世田谷通信)
 
 西松建設の違法献金事件を巡り、民主党の小沢一郎代表側への年間2,500万円の献金のシステムを作ったのが、取り調べ中の大久保隆規容疑者 (47) の前任秘書で陸山会の会計責任者であった高橋嘉信氏 (55) であり、大久保容疑者は高橋嘉信氏から引き継いだだけだという可能性が高いことが分かった。

 高橋嘉信氏は小沢代表の秘書を20年間つとめ 「小沢の影に高橋あり」 とまで言われ、人気漫画 「票田のトラクター」 の主人公のモデルにもなった人物である。しかし高橋嘉信氏は小沢代表とたもとを分かち、現在は自民党の岩手第4区の支部長をつとめている。

 東京地検特捜部は、これまでの捜査から高橋嘉信氏が西松建設のダミーの政治団体を使って献金する枠組みを考案したと把握しているが、小沢代表の元秘書で民主党から出馬予定の石川知裕衆院議員を事情聴取したのにもかかわらず、自民党から出馬予定の高橋嘉信氏は事情聴取しない方針のようだ。

 また西松建設からの違法献金だけでなく裏金疑惑まで浮上している自民党の二階俊博経済産業相についても、東京地検特捜部は二階氏の会計責任者らを事情聴取する予定はないようだ。こうした東京地検特捜部の不可思議な捜査方法に、国民の間からは 「やはり自民党が仕組んだ国策捜査なのでは」 という声が高まっている。


(資料4) 産経ニュース (2009/3/14)

「西松事件は国策捜査」 と鈴木宗男氏

 「国策捜査だという思いでいっぱいだ。私自身が国策捜査を受けたからその感を深くする」。新党大地の鈴木宗男代表は3月14日午後、札幌市で講演し、西松建設の巨額献金事件で東京地検特捜部が小沢一郎民主党代表の公設第一秘書を逮捕したことに関し、検察批判を繰り広げた。

 鈴木氏は 「検察は狙ったら何でもできる。世論誘導し、悪いやつというイメージを植え付けてくる」 と強調。小沢氏の元秘書の石川知裕衆院議員に対する事情聴取についても 「検察側は前もって (報道機関に) リークした」 と指摘した。

 逮捕された秘書の前任者が、次期衆院選に自民党公認で出馬を予定していることにも言及し 「おかしい。今回の事件はどろどろしたものを感じる」 と批判した。


 当ブログ管理人は、これまで、検察は、捜査対象が誰であろうと、法と証拠に基づき、政治的独立性・中立性のもと、厳正中立・公明正大な捜査をしてきたと信じていました。

 しかしながら、今回の捜査においては、法律や検察捜査にあまり詳しくない当ブログ管理人でさえ、下記のような素朴な疑問を持っています。

(1)政権交代の可能性が高い総選挙を前にして (絶妙のタイミング?)、何故、野党第一党代表 (次期総理候補) の社会的信用を貶める逮捕劇が成されたのか? 何らかの意図あるいは第三者の意向 (官邸説、米国CIA説、官僚説の他、検察自身が政権交代を恐れて起こした等の噂) が働いたのか?

(2)政治資金規正法という形式犯 (書類の提出を忘れていたなど、いわゆる 「うっかりミス」 で触法することとなった犯罪。犯罪とはいえ、悪質の度合いは低いとされる) で、強制捜査・逮捕は異例ではないのか? 他に何か重い犯罪を犯しているのか?

(3)捜査関係者しか知り得ないような情報が、何故、マスコミで報道されるのか? 検察側がリークしているのか? リークであれば、公務員の守秘義務違反ではないのか?

(4)東京地検特捜部が、「職務権限のない」 野党代表サイドの捜査ばかり行い、全く同じ構図 (政治資金規正法違反) の献金を受けている 「職務権限のある」 自民党議員 (二階経済産業相、尾身元財務相、加藤元幹事長、藤井元運輸相、森元首相、藤野元参院議員、山口首相補佐官、加納国土交通副大臣、川崎元厚生労働相、山本元総務副大臣、林前国家公安委員長、古賀元幹事長、渡辺元国土交通副大臣) サイドの捜査が、何故、遅々として進まないのか?

(5)官僚トップの漆間官房副長官 (元警察庁長官) の 「自民党側は立件できない」 発言は、やはり、検察の国策捜査の傍証?

(6)西松建設のダミーの政治団体を使って献金する枠組みを考案した高橋嘉信元小沢代表秘書 (現在、自民党の岩手第4区の支部長:次期総選挙出馬予定) が事情聴取をされず、一方、石川知裕民主党衆院議員 (小沢代表の元秘書) [北海道第11区で出馬予定:酩酊記者会見で名を馳せた自民党中川元財務金融相と一騎打ちの予定] を参考人として事情聴取をしたのは何故? 石川議員に対する選挙妨害? 高橋氏や中川氏に対する選挙支援?
 また、石川議員の参考人事情聴取がマスコミ報道されたのは何故? (検察のリーク?)

 一般国民の間からも、今回の東京地検特捜部の捜査に対して、「やはり自民党あるいは官僚が仕組んだ国策捜査なのでは」 あるいは 「何か胡散臭い・奇妙・納得できない」 という声が高まっています。

 前回のブログ記事 [「医療関係者・組織に対する国民の信頼感 (日本医療政策機構)」] で述べたように、世論調査にて、一般国民における政治不信、行政不信・官僚不信、マスコミ不信が指摘されています。

 しかしながら、このままでは、一般国民において、上記の政治、行政・官僚、マスコミに対する不信のみならず、法治国家として由々しき事態の 「検察不信」 が生じてしまいます。

 したがって、あらゆる職種で重要な責務である 「透明性と説明責任」 を、検察サイドにも充分果たして頂きたいと思います。

 また、東京地検特捜部には、捜査対象が誰であろうと、法と証拠に基づき、政治的独立性・中立性のもと、一般国民の納得が充分得られるような 「厳正中立・公明正大」 な捜査をお願いしたいと思います。(釈迦に説法ですが・・・)。
スポンサーサイト




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://rehabilidogenka.blog54.fc2.com/tb.php/76-553a5f5c この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

時計
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

カズ食堂

Author:カズ食堂

カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
訪問者数

   (Since 2009/01/11)

現在の閲覧者数
:
リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ランキング
宮崎県 「てげうめ」 グルメ
Amazon アソシエイト







人気ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

banner2.gif
FC2ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

スポンサー・リンク
FC2アフィリエイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。