1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 社会保障費抑制は困難 財政審会長、見直しに言及
  4. 医療 » 
  5. 社会保障費抑制は困難 財政審会長、見直しに言及

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

  • Genre:

社会保障費抑制は困難 財政審会長、見直しに言及

 共同通信 「47ニュース」 (2009/3/17) に、社会保障費抑制問題に関する興味深い記事 (「社会保障費抑制は困難 財政審会長、見直しに言及」) が掲載されていますので紹介します。

●社会保障費抑制は困難 財政審会長、見直しに言及

①財政制度等審議会 (財務相の諮問機関) の西室泰三会長は17日の記者会見で、社会保障費を毎年度2,200億円抑制する政府の方針について 「杓子定規な考えはとりにくい」 と述べ、見直しの必要性に初めて言及した。

 サービスを維持するには抑制は困難と認め、経済成長の観点からも社会保障分野に積極的に投資すべきだとの認識を示した。
 抑制方針見直しは財政審の合意ではないと強調したが、今後の予算編成論議に影響を与えそうだ。

②社会保障費の高齢化に伴う伸びを2,200億円圧縮する方針は、小泉政権時代の2006年の 「骨太の方針」 に盛り込まれた歳出削減路線の象徴。地方での医療崩壊などを背景に与野党で反発が強く、09年度予算案では実質的に230億円の抑制にとどまっていた。

③西室会長は、政府、与党が検討している追加経済対策で取り組むべき分野として医療、介護、少子化対策などを挙げ、重点的な財政出動を求めた。

④追加対策の財源としては 「霞が関の埋蔵金」 といわれる財政投融資特別会計の積立金をさらに取り崩すことを選択肢に挙げつつ、国債の増発を容認する姿勢も示した。

 上記に関する当ブログ管理人の考察・結論は、下記の通りです。

(1)上記①・②の通り、医療費亡国論、小泉竹中構造改革 [2006年の骨太の方針に基づく、5年間で1兆1千億円 (毎年度2,200億円) の社会保障費の抑制]、膨大な財政赤字 (財務省をはじめとした官僚および与党議員等が何ら責任を取ろうとしない。反省・謝罪の弁も全くない!) に伴う財務省の財政再建至上主義 (財政再建原理主義) 等により、 「医療費抑制・医師不足による医療崩壊・医療破壊 (特に、勤務医・病院)」 が生じました。

(2)最近は、上記(1)の医療崩壊問題の表面化に伴い、少し風向きが変わり、「毎年度2,200億円の社会保障費抑制は限界」 という言葉を、野党議員のみならず、与党議員や舛添厚生労働大臣まで、口にするようになりました。

(3)上記①の通り、今回、財務大臣の諮問機関である財政制度等審議会の会長が、「毎年度2,200億円の社会保障費抑制の政府方針」 に対する見直しの必要性に言及したことは、(同会長が、抑制方針見直しは財政審の合意ではないとは強調していますが)、今後の予算編成論議に大きな影響を与えることが見込まれ、社会保障機能の強化にとっては追い風と考えられます。

(4)また、上記①・③の通り、これまでの医療費亡国論・社会保障費亡国論 (医療費や社会保障費はコストである) から、医療費立国論・社会保障費立国論 (医療・介護等の社会保障は雇用創出効果や経済波及効果が高い) への発想の転換が、今般、強調されるようになってきています。

(5)但し、問題は、財源であり、上記④の通り、「霞が関の埋蔵金」・「国債の増発」 が挙げられていますが、本丸は、財務省の悲願の 「消費税増税」 です。(社会保障国民会議も、社会保障機能の強化の財源を、消費税増税を前提にしていますが・・・)。

 しかしながら、以前の当ブログ記事で何回も述べていますが (下記の関連記事参照)、「消費税増税」 を行う前に、「充分な景気回復、税制の抜本的改革、膨大な税金の無駄使いの抜本的是正 (伏魔殿化した特別会計、官僚の天下り・渡りの根絶、天下り用の無駄な公益法人や補助金の根絶、国会議員の定数削減・歳費の削減、国家公務員人件費の削減、無駄な公共事業の根絶等)、道路特定財源の完全なる一般財源化、年金問題の早期完全解決」 等を達成または実行の約束をしないと、国民の納得を得られないと思われます。

(6)以上、財制審会長の社会保障費抑制見直し発言について論じました。

 上述の会長発言は財政審の合意ではなく、また、財務省の抵抗も強い (あるいは、狡猾にも消費税増税の口実に使う) ことが予想されるため、社会保障機能の強化のためにも、今後の予算編成論議を注視する必要があると考えられます。

【関連記事】
 ◎健康長寿・新経済成長戦略 (新たな成長市場の創出) (厚生労働省)
 ◎医療関係者・組織に対する国民の信頼感 (日本医療政策機構)
 ◎医療政策サミット2009 (日本医療政策機構)
 ◎地域包括ケアの実現に向けて (講演:厚生労働省・宮島老健局長)
 ◎医療立国論Ⅱ 厚生労働省解体-医療庁を設置せよ! (大村昭人氏著)
 ◎医療・介護の機能強化 (2012年度診療・介護報酬同時改定で体制構築)
 ◎「平成23年度からの消費税増税」 麻生政権の新たな火種
スポンサーサイト




banner2.gif
より多くの方に読んで頂くため宜しければ応援お願いします。

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://rehabilidogenka.blog54.fc2.com/tb.php/81-6014cfd1 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

時計
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

カズ食堂

Author:カズ食堂

カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
訪問者数

   (Since 2009/01/11)

現在の閲覧者数
:
リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村ランキング
宮崎県 「てげうめ」 グルメ
Amazon アソシエイト







人気ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

banner2.gif
FC2ブログランキング

◎より多くの方に読んで頂くため 宜しければ応援お願いします。

スポンサー・リンク
FC2アフィリエイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。